コーチ育成システム:お客様にとっての満足とは何か。
その本質を徹底して身につけていただきます。

AQUAパーソナルスイミングコーチ 認定資格一覧

AQUA Swimming Creators Education System [コーチ昇格形態]

一般水泳指導

コーチ昇格形態:一般水泳指導

競泳指導

コーチ昇格形態:競泳指導

研修内容

アクアではマナー講習から水泳指導理論まで、一貫した研修制度を設けています。
お客様のご要望にマッチした指導内容をご提供できるよう、常に心がけています。

  • 会社ガイダンス
  • マナー研修
  • 水泳理論研修
  • 救急処置法
  • 水泳実技研修
  • 泳力検定
  • 現場研修
  • その他、弊社規定の認定研修
画像:研修内容

コーチの昇格基準

一般水泳指導

1. Executive Coach [ エグゼクティブ・コーチ ]
1)水泳指導歴が15年を経過し、スイミングスクール支店長もしくは主任経験者
2)AQUAでの勤続年数が5年以上経過し、
会社がリーダーシップをとることが可能と判断した者
3)水泳教室等でリーダーのポジションを確立できると会社が判断した者
4)その他、当社規定の昇格基準を満たした者
2. Master Coach [ マスター・コーチ ]
1)水泳指導歴10年を経過し、スイミングスクール支店長もしくは主任経験者
2)年間総レッスン数240に達していること
3)1年6ヵ月以後(算定基準6ヶ月前)月平均25レッスンに達していること
4)その他、当社規定の昇格基準を満たした者
3. Advanced Coach [ アドバンス・コーチ ]
下記の2つ以上の条件を満たしていること。
1)AQUA Swimming Creators Educationを受講し、会社がコーチとして認定した者
2)水泳指導歴2年以上であること
3)年間総レッスン数150レッスン以上、もしくは6ヶ月間で100レッスンを消化したこと
4)その他、当社規定の昇格基準を満たした者
4. Coach-R [ コーチ・アール ]
下記の2つ以上の条件を満たしていること。
1)AQUA Swimming Creators Educationを受講し、会社がコーチとして認定した者
2)小学校~中学校、もしくは中学校~高校にかけて最低6年以上の水泳経験がある者
3)その他、当社規定の昇格基準を満たした者

競泳指導

1. Extreme Coach
下記の条件の内2つ以上をクリアしている者
1)過去に全日本選手権に出場経験があること
2)JOCジュニアオリンピックもしくは国体決勝進出者
3)過去にJOCジュニアオリンピック選手を輩出していること
4)その他、当社規定の昇格基準を満たした者
2. Speed Master Coach [ スピードマスター・コーチ ]
1)JOCジュニアオリンピックもしくは国体に出場経験があること
2)中学校~高校、もしくは高校~大学にかけて最低6年間の競泳歴があること
3)面接時に過去の競泳歴を提出できること
4)その他、当社規定の昇格基準を満たした者
3. Coach-S [ コーチ・エス ]
1)AQUA Swimming Creators Educationを受講し、会社がコーチとして認定した者
2)中学校~高校、もしくは高校~大学にかけて最低6年間の競泳歴があること
3)その他、当社規定の昇格基準を満たした者

コーチ募集のページも 必ずお読みください

トップへ戻る