お知らせ

一覧へ

2020.02.27
【アクアの特徴】その1:インストラクター採用と育成

皆様こんにちは。

水泳の家庭教師アクアです。

 

今回は、水泳の家庭教師アクアと他社との違い(特徴)についてご説明させていただきます。

 

よくスイミングスクールと比較される事が多いのですが、スイミングスクールにはスイミングスクールでしか得られない事があり、必ずしも個人指導と比較される事が正しいとは一概には言えないと考えております。

弊社のページでもスイミングスクールとの違いについて触れておりますが、あくまで「個人指導」と「スイミングスクール」の違いとしてご一読いただければと存じます。

 

それでは、水泳の家庭教師アクアの個人指導がどのようなこだわりを持ってご提供させていただいているのかを、今後複数回にわけてご説明させていただきます。

 

◆その1『インストラクター採用と育成のこだわり』◆

 

水泳の家庭教師アクアでは

・希望の時間が空いているという理由だけで、インストラクターをご紹介する

・指導経験の有無も確認せず、また実際に会った事がない人をお子様の先生としてご紹介する

以上のようなご紹介は行っておりません。

 

かならず、お客様のご要望をお聞きした上でご要望に添うインストラクターをご紹介させていただいております。

それは、レッスンによって水泳へのイメージが大きく変わってしまう事を経験から実感しているためです。

 

そのため、インストラクターの採用には以下のフローを実施しております。

 

●書類選考(指導経験、競技経験、スポーツ歴など)

 

●面接(日程等の打ち合わせ時の電話での対応、今までの指導や競技経験の棚卸、水泳に対する想い、指導者としての考えやポリシー、就業希望、アクアに期待していることなどを約30分~60分ほどお時間を頂いてお話させていただきます。)

 

●選考(面接内容をもとに、弊社でどのようにご活躍の場所をご提供できるのかを各部署と相談致します。)

 

●研修(原則、マンツーマンで研修を実施いたします)

研修は大きくわけて机上研修、実地研修があります。

「机上研修」では、レッスン場所でのマナー、ルールの確認、業務案内のほかに水泳の座学、安全研修、ビジネスマナー研修を行います。

「実地研修」では、実際のレッスンへの帯同研修、見本泳の方法、実地指導研修、お客様対応研修等を行います。

研修をもとに「各泳法指導力」「説明力」「マナー」等の複数項目の採点を行い、採用点に満たない箇所があった場合は追加研修を実施し、アクアインストラクターとしてのデビューを目指します。

※追加研修例「説明力ロールプレイング」「パターン別研修」など

 

●レポートの提出(一般水泳指導、または競技水泳指導についてのレポートの提出を必須としております。レポートは研修責任者が必ず確認し、内容の精査をいたします)

 

●デビュー

研修中にもインストラクターと合うお客様がいらっしゃる場合は、デビューの時期に合わせてご紹介させていただきます。

 

●フォロー

不安な方には可能な限り、初回レッスン時に社員スタッフが見学に行き、レッスンのご様子を見守ります。

 

●デビュー後のフォロー

毎レッスン、必ずレッスン日報の提出をお願いしております。

レッスン日報をもとにフォローが必要と判断した場合、ご相談を頂いた場合、フォローアップに入らせていただきます。

また指導強化研修、勉強会、個別面談などを随時実施。

 

以上のフローを経て、お客様へインストラクターの人柄や指導スキルを確認した上で、お客様へご紹介させていただいております。

 

一つひとつすべて手作業。時間をかけてこの繰り返しを創業から内容を常に見直しながら行っております。

 

 

水泳は水の特性もあって、年齢を問わず親しめる生涯スポーツです。

何らかのきっかけや先天的に水が苦手な方

思ったように行かず悩んでいらっしゃる方

全く水泳をされたことがない方へ、弊社のインストラクターとの出会いが水泳の第一歩の一助となれましたら幸いです。

 

水泳の家庭教師アクア

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る